Home » ブログ

成果発表

2021年02月06日

 毎年この時期になると、時節柄、様々なプロジェクトの成果発表があります。

今週楽しみにしていた成果発表の一つは、とあるお客様先での女性リーダー育成プロジェクト。こちらでは、本人だけではなく、上司の方々にも、スポンサーとして、今後どのような関りをされるのかを発表いただいています。

「失敗していいよと言われるよりも、成功するためのアドバイスが欲しかった。」あるお客様先での女性社員の言葉です。上司からの機会提供は、部下の成長には欠かせないものです。経験からの学びは大きく、人を最も成長させるものは、修羅場体験とも言われます。

しかしながら、そこに+αのアドバイスが伴えば、開く扉も変わってきます。

上司の皆様の本気が伝わる発表の数々は、聞きごたえがありました。

オンラインにおけるコミュニケーション

2021年01月30日

 お客様先で、部下指導育成の研修をさせていただきました。

その際に、一番声が大きかったお悩みは、やはりオンライン下で思う通りコミュニケーションが取れなくなってしまったというお話でした。オンラインによって、対面コミュニケーションから非対面コミュニケーションに代わることで、一体何が変わってしまったのか?

好きな時にコミュニケーションが取りにくい、一方通行になりがち、情報量が制限される・・・様々な問題が列挙されますが、これらは、たいてい、工夫と設定で解決できるものです。

一方、容易に解決できない最大の問題は、我々日本人が得意としてきた高コンテクストのコミュニケーションが取れなくなったということです。

元来、日本語は、世界で最も高コンテクストなコミュニケーション言語であり、我々は、行間や文脈で伝えることにたけてきました。空気を読む阿吽の呼吸。職場のコミュニケーションもこれに支えられてきたのです。

オンラインでの一番の悩みは、この空気が伝えられなくなってしまったこと。我々は、論理的に、すべてを言語化しなくては、円滑なコミュニケーションが取れなくなってしまったのです。

とは言え、ダイバーシティが進む職場では、いずれにせよ、高コンテクストコミュニケーションから低コンテクストのコミュニケーションに移行せねばならないことは、自明の理。この機会に、歩を進めるしかありません。

デュアル講座からオンライン講座へ

2021年01月23日

 北陸経済研究所様主催の「問題解決セミナー」に登壇させていただきました。

このセミナーは当初、対面参加とオンライン参加のデュアルスタイルで設定されていたものでした。ところが、先日来の北陸地方を襲った大雪に加え、セミナー当日も再び天候の荒れが予測されていたため、急遽オンラインのみにスタイルを切り替えての実施となりました。

登壇する私自身も、問題なく現地入りできるのか、はたまた、無事に帰阪できるのか心配していましただけに、オンライン開催に決定したことで、安心して当日を迎えることができました。

昨年より少しずつ浸透し始めたオンラインでのセミナー。当初は、様々な不安や心配が先に立っていたものの、今ではこうして当たり前に受け入れられるものになったことは、嬉しい変化です。

特にオンラインでのセミナーの際には、対面セミナーと比較してのメリットとデメリットを聞かれることが多いのですが、この質問を頂戴する度に、メリットはともかく、デメリットの返答に困ってしまいます。

チームビルディングや参加者のモチベーションへの影響をご心配されますが、現場でいつも感じることは、結局は、参加者お一人お一人の意識の問題に尽きるということです。今回もモチベーション高い皆様が、活発なディスカッションを繰り返し、実りの多い豊かな時間を創りだしてくださいました。

再びの緊急事態宣言発令

2021年01月16日

 残念ながら、再び、緊急事態宣言が発令されてしまいました。

このところの感染者の方々の増加を見るに、致し方ないとはいえ、やはり遣る瀬無い思いがあります。

前回同様、予定されていた対面セミナーは、続々とオンラインに変更となりました。

“あわぎんビジネスカレッジ”も、その一つ。徳島県を中心に各地の方々にお集まりいただいての実施を予定しておりましたが、オンラインでの実施となりました。

受講下さる方々の中には、オンライン受講が初めてという方々も少なくなく、当初の緊張感はなかなかに高いものがありましたが、女性リーダーの方々の順応力というのは、素晴らしいものがあり、あっという間に、場が和んでいきました。

昨年来、当方も数多くのオンラインでの登壇機会をいただくようになりましたが、改めて、オンラインだからこその利点を感じることも多くなりました。

今回の緊急事態宣言が、我々に恐怖だけではなく、新たな可能性への扉を開いてくれることを願います。

2021年 明けましておめでとうございます

2021年01月06日

 2021年がスタートしました。弊社も、今日が仕事始めです。

コロナに振り回された2020年。2021年も、まだまだ先が読めない不安の中でのスタートとなります。

再び、緊急事態宣言が発令されるのか。出社は、どうなるのか。対面セミナーは、実施できるのか。目の前の仕事についての不安は山積です。

とは言え、いかなる環境下にあっても、学びの手を止めてはいけないという思いに変わりはありません。

テレワーク、オンラインセミナー、ウェビナー、配信セミナーと、今まで実現は難しいと思っていた数々の扉が一気に開いた昨年。この可能性を開花させ、実りあるものに育てていくことが今年の命題だと思っております。

本年も何卒、よろしくお願い申し上げます。

2020年 今年もお世話になりました。

2020年12月27日

 2020年も、あと1週間を残すのみ。弊社も28日が仕事納めとなります。

2020年は、どなたに取りましても、忘れられない1年でいらしたのではないかと思います。

弊社も、例外ではありません。何しろ、コロナウィルスという全く想定外の事態により、何もかもが一変してしまいました。

弊社の事業の柱の一つである、対面での講習やセミナーが全く実施できないという状況に追いやられてしまったわけです。

この事態がどうなるものか、不透明な明日に茫然とした時もありましたが、振り返ってみれば、配信やオンラインセミナーという形で、新しい扉が次々に開いていきました。更には、新作も上梓することができました。

まだまだ先行き不透明な中で迎える年末ではありますが、with コロナ、afterコロナを見据えて、あらゆる可能性へのチャレンジを続けたいと思っております。

改めまして、本年も大変お世話になりました。来年も何卒、よろしくお願い申し上げます。

オンラインでのネゴシエーション

2020年12月19日

 お客様先で、オンラインでのネゴシエーション研修を実施させていただきました。

コロナ禍により、一気に広まった在宅勤務。今や、営業もネゴシエーションもオンラインで進めることが当たり前になってきました。

ネゴシエーションと言うと、苦手意識をお持ちの方が少なくありません。それが更にオンラインでとなると、心理的なハードルが一気に上がってしまいます。

とは言え、まだまだ読めないコロナの動向を考えると、避けては通れない道です。

研修では、実際にいくつものケースを相手を変えながら、ネゴシエーションを繰り返し、その腕を磨いていただきましたが、1日の研修が終わるころには、受講生の方々の表情に余裕さえ感じることができました。

原理原則を抑えたうえで、実践あるのみ!スキルを磨き続けていただきたいものです。

配信セミナー終了です

2020年12月13日

 三菱UFJリサーチ&コンサルティングさんでの、「女性リーダーに向けたマネジメント入門セミナー」が終了しました。

このセミナーは、事前にスマホで配信講義を受講いただき、その学びをもとにオンラインでの講義でさらに学びを深めていただくという構成です。

コロナ禍の前から企画準備していたものでしたが、正に、まだまだコロナへの警戒が必要な中、皆さんに安心して学んでいただくスタイルで実施することができました。

ケーススタディを通して、受講生の皆様方で喧々諤々、意見交換をしていただくわけですが、普段なかなか、他社の女性リーダーの方々とこういった交流を持つことが難しいだけに、どなたも大変な熱量で臨んで下さいました。

唯一の正解があるわけではないマネジメントの世界。それだけに、違う視点、視座からの意見や考えを知ることは、何よりの学びの宝庫となります。

静岡にて

2020年12月06日

 静岡経済研究所様にて、「上司のほめ方・しかり方」講座に登壇させていただきました。

毎年個例の、この講座。今回も、コロナ対策で人数制限がある中、満員のお申し込みをいただきました。

この講座をスタートした当初は、管理職になったばかりの方々のご参加が多かったのですが、最近の特徴的な傾向は、より役職の高い方もご参加くださっていることです。

今回も、社長自らご参加くださっているというケースが散見されました。

ある参加者の方にお話を伺ったところ、「上に立つ自分が変わらない限り、他の管理職が変わらないから。」というお言葉を聞かせていただきました。

今、経営陣として活躍されておられるような方々は、ご自身が部下の時代には、怒られた記憶しかないという方が少なくありません。ハラスメントという言葉も、傾聴という言葉さえも、耳にすることが無かったような時代。管理職は、常に居丈高に、俺についてこい風のマネジメントが当たり前であった。

しかしながら、大きく人の価値観や労働観が変わった今となっては、とてもそのマネジメントだけでは通用しなくなりました。自分のスタイルに固執することなく、学び続けるトップの姿。これこそ、“ほめられる”姿ですね。

厳戒態勢の中で

2020年11月29日

 SMBCCさんにて、3回シリーズの女性リーダー育成セミナーがスタートしました。

このセミナーは、本来、4月に予定されていたもの。しかしながら、コロナの影響で開催がままならぬまま、やっとここに来て、開講となりました。

とは言え、まだまだ猛威を振るうコロナウィルス。対面研修において、気を抜くわけには参りません。マスクや検温は当然のこと、受講生の方々には、十分なソーシャルディスタンスを確保した配置で着席をいただきます。本来なら、わいわいとグループ討議やペア討議で学びを深めあうところですが、それもままなりません。それぞれが考え、それを講師が受け、そしてまた、他の受講生に投げかけるといったリレー方式で学んでいただきました。

どうしても、従前と比較してしまう自分には、開講までの不安が抜けきれませんでしたが、いざスタートしてみると、皆さんの積極的なご参加に不安は霧消。

学びたいという気持ちに勝るものはない!と改めて確信した1日でした。