Home » ブログ » 日記 » 交渉における第一印象

交渉における第一印象

2019年12月22日

 交渉というとどうも勝敗のイメージがつきものですが、ビジネスにおける交渉では、Win-Winスタイルを忘れるわけにはいきません。

双方が主張しつつも相手に協力し、結果として、双方に満足感が残る交渉。人間関係も問題解決も手に入れようというものです。

そのためには、忘れてはならないのが、どのような第一印象を交渉相手に持っていただくかということ。

どうも交渉を有利に運ぶためには、それこそトランプ大統領のような威圧的なイメージが必要であると考えがちですが、実はプロの交渉人はその逆。一見して、相手に好印象を与えるいわば、”できそうだけれども、普通の人のように見える”と言うイメージです。

最初から高圧的で、前面に自己主張を押し出してくる相手に対して、胸襟を開く人は有りません。交渉において相手側の情報を得ることは、何より大切。となりますと、つい心を許したくなる印象がいかに大切か。納得のいくところです。