Home » ブログ » 2018年09月

2018年09月の記事一覧

読書の効能

2018年09月30日

 今週、偶然にも異なるお客様先で話題になったのが「読書」でした。とにかく、若手社員が読書をしないというお悩みです。

実際、出版不況と言われるように、書籍自体の売り上げも減少しています。わざわざ本を買わなくても、本を一冊読まなくても、今知りたいことだけを、手元のスマホで検索すればよいと言われれば、確かにそうでしょう。

とは言え、それではどこまでいっても切り貼り型のパッチワーク的な知識に終わってしまいます。そのテーマの体系的な理解には繋がらないのです。

折しも読書の秋。書籍にトライするには、絶好の季節です。

台湾にて

2018年09月23日

 今週は台湾に出張していました。

久しぶりに訪れた台湾でしたが、はっとさせられる発見が幾つもありました。中でも印象的であったのは、人々の勤勉さとロイヤリティの高さです。

もちろん個人差のある話ですが、総じて、手を抜くという様子が見られない。こちらの質問や要望に対して、必ず+アルファで答えようとしてくださる姿勢に何度も遭遇しました。

マニュアルの徹底により、全体的な品質が高い日本ですが、その分、創意工夫による+アルファを感じることが少なくなった昨今の日本。改めて、あるべき姿を問われたような気がします。

万華鏡モデル

2018年09月16日

 かれこれ、10年近いお付き合いのあるお客様先で、若手社員の方々へのキャリア研修を実施させていただきました。

ビジネス環境の変化が劇的・かつ加速度化しているだけに、昨今、キャリアデザインの重要性は、ますます高まっています。人生100年時代の働き方改革も念頭にいれたキャリアデザインが必要になるなど、これまでは、想像することもなかったでしょう。

そんな中で、参考にしたい考え方の一つが、「万華鏡モデル」と言われるフレームワークです。

このモデルでは、キャリアは、“挑戦” “バランス” “自分らしさ”の3枚の鏡の組み合わせであり、この鏡が変わることでまるで万華鏡のように無数のパターンを生み出すものであると考えます。特にキャリアの初期では、挑戦がキーワードになり、その後中期では、ワークにおいてもライフにおいても、バランスを。 そして後期には、自分らしさがキーワードになるというものです。

研修内では、これまで、そしてこれからの数々の挑戦についてのディスカッションも大いに盛り上がりました。

万華鏡が生み出す無数のパターン。まさにこれからのキャリアモデルです。

アンコンシャス・バイアス

2018年09月08日

 お客様先で、マネジメント層の方々に、「ダイバーシティマネジメント研修」を実施させていただいております。

ダイバーシティマネジメントというと、ともすれば “違いを知ろう”で終わりがち。

性別や国籍といった先天的な一次的属性はもちろんのこと、価値観や労働観といった二次的属性まで、お互いの違いを理解し、それを統合して活用してはじめて、マネジメントと言えます。

とはいえ、自分と異なる考えを受け入れ、活用するのは、そう容易ではありません。その最大の壁がアンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)と言われるものです。

“男性は、強くあるべき。”、”女性は、優しくあるべき”、“リーダーと意見が異なる際には、黙って上に従うべき”等、私たちは、知らず知らずのうちに自分だけの”べき論”を築き上げ、縛られています。

違いを受け入れ、活用するには、まず、自らがもつアンコンシャス・バイアスに気づき、ここから解放されることです。他者受容の第一歩は、自己受容なのですから。

平成塾開講中

2018年09月02日

 今年も平成塾の講師をさせていだきました。

平成塾とは、福井中小産業大学校さんが開催されている若手リーダー養成塾。福井を中心に北陸地方の企業から選抜されたメンバーが集まり、8か月間に渡って共に学ぶ機会です。

今回の当方の担当テーマは、「変革型リーダーの部下育成とコミュニケーション」。

いかに部下に向き合い、組織として最大の成果を発揮するかというテーマの中で、常に話題になったのが、昭和と平成の労働観と価値観の違い。

理屈では違いを理解しているつもりだし、それに対応する必要性も重々承知している。とはいえ、現実問題、日常の中であからさまな違いに直面した際には、まず否定からはいってしまう。

自分にとっての”異質”を目前にしたとき、否定やそこからの逃避は、最も簡単な方法です。しかしながら、それでは、組織は進化できません。

一つのビジョンのもとに、いかにこの違いを受容し、活かしていくのか。向き合い続けなくてはいけないテーマです。