Home » ブログ » 日記 » リベラルアーツの必要性

リベラルアーツの必要性

2018年07月14日

 お客様先の研修でのテーマの一つが、リベラルアーツ・教養です。

この数年、管理職研修や、役員研修の場でしきりに口にされるようになった言葉ですが、その解釈も人によってさまざま。

いわゆる常識と同義に解釈される方もあれば、芸術や歴史、宗教など広範に渡る知識の集合体と解釈される方もあります。このため、教養を高める手立ても、隅々まで新聞を読むような行動から、お寺に修行に行く、本物の芸術品に触れる、とにかく本を読むと多岐に渡っています。

私自身は、教養とは、分野に限らず知りうるべき知識と解釈しております。

グローバルビジネスの場を日本人が苦手とする理由の一つに、リベラレルアーツの乏しさも挙げられています。自分の得意なビジネスシーンでは、饒舌なビジネスーパーソンが、いざ、ディナー等の場になると、そこで繰り広げらる歴史や芸術の会話に全くついていけなくて、人としての信頼を勝ち得ないというのはよく耳にする話です。

いかにリベラルアーツを高めるか。すぐ役に立つ、得をするという観点を捨て、まずは、自分の専門から最も遠い分野に手を出すことも一つの手段だと思います。