Home » ブログ » 2018年07月

2018年07月の記事一覧

ミレニアル世代

2018年07月28日

 今週は、フランスに出張しています。

マクロン大統領の側近の暴行事件により、大統領の求心力の低下から最大の政治的危機と言われているフランス。この地においても経営者の方々とお話をしていますと、日本の経営者の方々と同じく、ミレニアル世代の話題が多く出てきます。

優秀ではあるものの、ネット中心の世界の中に生きていて、汗を流さない。特に人間関係において、バーチャルの関係に満足を覚え、元来フランスの方々が大切にしてきた“社交”を軽んじて、小さな世界に満足してしまうというのが、 彼らのミレニアル評。イオンやららぽーとで一日を過ごす日本の”イオニスト”や“ららぽーたー”評にも通ずるものがあります。

目の前の違いを嘆いても始まらず、いかに彼らと共に結果を生み出していくのかが、経営者の腕の見せどころ。改めてダイバーシティマネジメントの重要性を痛感します。

コミュニケーションによる男女差

2018年07月21日

 男性脳・女性脳という言葉がありますが、生物学的に男女の脳には違いがあるというのは有名な話です。

それがゆえ、コミュニケーション一つとっても、大きな違いが現れます。男性に比べて、女性は、いわゆるおしゃべりが得意。一つの話題をいかようにも広げて話が盛り上がります。

男性にとってのコミュニケーションは伝達。それに対して女性のコミュニケーションは、共感であり共有。結論を出すためというよりも、分かち合いが主眼なわけです。

今週の公開セミナーでは、何度もこの話題が遡上に上りました。伝達中心のコミュニケーションが求められるビジネスシーンにおいては、女性はこれまでのコミュニケーションを見直す必要がありますし、一方男性は、部下育成において事実伝達だけではなく、部下を思う共感がより求められるのが今の若手部下マネジメントには必須です。

男女双方が、夫々の違いを認め活かしあうことがいかに組織において重要か。改めて感じるところです。

リベラルアーツの必要性

2018年07月14日

 お客様先の研修でのテーマの一つが、リベラルアーツ・教養です。

この数年、管理職研修や、役員研修の場でしきりに口にされるようになった言葉ですが、その解釈も人によってさまざま。

いわゆる常識と同義に解釈される方もあれば、芸術や歴史、宗教など広範に渡る知識の集合体と解釈される方もあります。このため、教養を高める手立ても、隅々まで新聞を読むような行動から、お寺に修行に行く、本物の芸術品に触れる、とにかく本を読むと多岐に渡っています。

私自身は、教養とは、分野に限らず知りうるべき知識と解釈しております。

グローバルビジネスの場を日本人が苦手とする理由の一つに、リベラレルアーツの乏しさも挙げられています。自分の得意なビジネスシーンでは、饒舌なビジネスーパーソンが、いざ、ディナー等の場になると、そこで繰り広げらる歴史や芸術の会話に全くついていけなくて、人としての信頼を勝ち得ないというのはよく耳にする話です。

いかにリベラルアーツを高めるか。すぐ役に立つ、得をするという観点を捨て、まずは、自分の専門から最も遠い分野に手を出すことも一つの手段だと思います。

赤紙研修

2018年07月07日

 お客様先での、通称 ”赤紙研修” がスタートしました。

この研修は、8か月間に渡って、座学と並行してプロジェクトに取り組んでいただくものです。全国各地から選抜されたメンバーが、8か月間しのぎを削るわけですが、その負荷の高さから、いつしか赤紙研修と呼ばれるようになったそうです。

確かに、通常業務を抱えながら取り組むわけですから、決して負荷が軽いとは言えません。とはいえ、選抜されているということは、それに十分耐えうる力をお持ちであることが期待されていることに他ありません。ある意味、自身の潜在的な力を顕在化する絶好の機会と言えます。

不安いっぱいでスタートしながらも、最後には、達成感と満足感で一様に、“やって良かった!”とおっしゃるこれまでの先輩方。その声が、何よりの証拠です。

メンタルヘルス マネジメント

2018年07月01日

 SMBCC様にて、メンタルヘルスマネジメントにつていのセミナーを開催させていただきました。

メンタルヘルス問題が、社会的にも取り上げられるようになって久しいですが、残念ながら、なかなかこの問題は、改善が進んでいません。

メンタルヘルスが原因で1か月以上の休職者を抱える企業は6割を超えると言われていますし、うつ病の経験者に至っては、厚生労働省の発表でも10数人に一人という割合です。もはや、誰にとっても他人事では無い状況です。

この状況において、期待されるのがラインマネジメント。いわゆる部下を持つ方々のマネジメントです。労働者のメンタルヘルス問題は、その8割が職場で発見されると言われていますが、早期発見するのも上司であれば、発生を防ぐための職場環境の改善に力を振るうことができるのも上司だからです。

その一方で、労働者の最大のストレス要因と言われるのも上司です。

それだけに、慎重な対応も必要とされます。いかに優秀な上司であっても、単独での対応ではなく、社内外の専門家と手を携えてのチーム対応が求められます。