Home » ブログ » 未分類 » 100時間残業

100時間残業

2018年05月20日

 お客様先で、若手社員の方々とお話ししていた際のことです。

数人の方々が口を揃えて、「100時間残業されていた先輩が、うらやましい」とおっしゃるのです。

働き方改革が叫ばれる中、各社残業規制が大変厳しくなっています。さあ、やっとエンジンが掛かってきた!という時であっても、定時に退社しなくてはならない。特に思考系の仕事においては、やっと混沌から抜け出し、これからまとめ上げたいという時間にも退社せざるを得ないため、かえって非効率だというお話でした。

もちろん、100時間も残業することは、心身の健康を考えると許されるべきものではありません。その一方で、時間ベースに仕事を進める中に難しさがあるのも事実です。

心身の健康を維持しつつも、最大の生産性を上げる働き方とは?まだまだ試行錯誤が続くテーマです。