Home » ブログ » 日記 » Global Communication Training

Global Communication Training

2018年01月28日

 お客様先で、Global Communication Trainingを実施させていただきました。

グローバル化が進むこちらのメーカーさんでは、役員クラスから生産現場の方々まで、様々な国籍の方々が活躍しておられます。日々のコミュニケーションも英語が中心ですが、となると悩ましいのが、native speakers とnon-native speakersのコミュニケーション。どうしても、native speakersに主導権がわたり、non-native speakersである我々日本人は、“ついていけない。置いていかれる。”感に囚われてしまいます。

日本語は、世界の言語の中で、最も高コンテクスト=文脈を読むコミュニケーションを是とするものです。コミュニケーションにおける責任は、聞き手にある。話し手にみなまで言わせず、真意をくみ取るコミュニケーションに慣れています。

しかしながら、グローバルで求められるコミュニケーションは、この真逆の低コンテクストのコミュニケーションです。低コンテクストのコミュニケーションにおいては、その責任は、聞き手ではなく、話し手にあります。聞き手が理解できないときは、話し手の言葉が足らなかったり、論理構成に問題があるというスタンスです。

native  speakersの話が理解しがたいときに、”I’m sorry.”は,必要ありません。”You lost me!”堂々と言い直しを主張して良いのです。