Home » ブログ » 日記 » 統合型交渉

統合型交渉

2018年01月14日

 みずほ総研様の、女性のためのMBAスタイルマネジメント講座で、「交渉術」のクラスがありました。

交渉術のクラスの際には、“交渉は、苦手”、 “相手を言い負かせない”といったお声をよく伺いますが、この統合型交渉こそが、勝ち負けに走らない交渉。いわゆるハーバード流といわれる、WIN-WINのための交渉スタイル、原則立脚型交渉といわれるものです。

交渉の面白いところは、“勝ち負け”と思った瞬間に、その目的が変わってしまうことです。 特に人間関係が重要視されるビジネス交渉においては、単純な勝ち負けに終始する交渉よりも、相手をパートナーと考えて進める交渉の方が、メジャーであり、プロの交渉人が取るスタイルでもあります。

相手を打ち負かしてしまうことが、目的なのか。それとも、この交渉を通して得る何らかの価値のための交渉なのか。ますは、目的を明確にした戦略立案から、交渉はスタートします。