Home » ブログ » 日記 » トップメッセージの効果

トップメッセージの効果

2017年08月20日

 ここに興味深いデータがあります。

各社の女性活躍新法後の実態を調査した結果、女性の採用比率の増加や、女性管理職比率の増加はじめ、すべての項目においてプラスの影響を及ぼしている項目がありました。ずばり、“トップメッセージの有無”です。

トップがメッセージを発信している企業は、そうでない企業と比較して、すべての調査項目で勝っているのです。

となると、やはり組織を動かすのは、“社長の一声”と解釈しがちです。確かに、その側面は否定いたしません。しかしながら当方が思うに、実態は、トップメッセージとはすなわち、経営的観点からの会社としての姿勢であり、世間の風潮や圧力に流されての女性活躍推進ではなく、会社の今後を考えた際に取るべき経営方針の一つが女性活躍であるということが明確に示されているか否かだと考えます。

何のための女性活躍か。トップが自分の言葉で語られる。そしてそれが、組織の隅々にまで浸透している。それこそが、真の女性活躍につながるのですから。