Home » ブログ » 2017年03月

2017年03月の記事一覧

経営セミナーにて

2017年03月26日

SMBCC様主催の「経営セミナー」にて、大阪・東京と続いて登壇させていただきました。

このセミナーは、経営幹部の皆様にむけて、幅広く実務的に経営を学んでいただくという8か月に渡るセミナーです。プログラムは、ディスカッション中心であるとともに、座学だけではなく、視察や合宿等も含まれています。

特徴は、創業者一族の方々や次期経営トップの方々が多くお出でになるということ。いつご自身がトップを担うことになるかという緊張感を日々お持ちの方々だけに、セミナーに向かわれる姿勢も真剣そのもの。セミナー終了後にも、様々な質問をいただき、その真摯な姿に頼もしさを覚えました。

この手のセミナーは、たいてい30-40代の男性中心になりがちですが、いまや、20代の方から、女性の方々はもちろん、60代の方もおいでになり、個々においても多様化が進んでいることを感じるセミナーでした。

上手なほめ方・叱り方

2017年03月19日

 関西生産性本部様にて、「上手なほめ方・叱り方」についてのセミナーを開催いただきました。

毎度のことですが、本セミナーは、あっという間にお申し込みがいっぱいになるテーマ。いかに職場において「ほめる・叱る」が課題になっているのか、改めてその重要性を感じます。

自分自身もそうですが、今、上司の立場におられる方々はまさに、職場においては”ほめられる”よりも“叱られる”ことのほうが、記憶に残っている方々であり、さらにその叱り方も、今なら、たちまち“パワハラ”といわれかねない形での叱りを経験されておられます。

それだけに、この「ほめる・叱る」については、その重要性を理解し、NGを理解していても、いざ実践となると、それは別のお話となってしまう方々が少なくないようです。

とにかく“実践”に重きをおいた1日のセミナーでしたが、さすがに日頃上司として御活躍のみなさんだけに、お互いの1日の健闘を自然にほめてくださっていたお姿がとても印象的でした。

人間関係構築スキル

2017年03月11日

 みずほ総研様にて、女性リーダーのための「人間関係構築」をテーマに、セミナーを開催いただきました。

職場における最大のストレッサーといわれるのが、「人間関係」。以前、日経ウーマンさんにご協力いただき、調査いただいたところでは、その中でも、もっともコミュニケーションがとりづらいのが、男性上司という結果が出ました。

ところが驚くべきことに、2位以下は、女性の先輩・女性の後輩・女子の上司・女性の同僚とすべて、女性が並びます。

“同性同士だから、女性の方が分かり合える。”よくマネジメントの現場で耳にする言葉です。しかしながら、実際女性同士の方が関係性の構築が難しいことが、この調査からも明らかです。

現場をまとめる女性リーダーにとって、これは頭の痛い問題です。現実的な解を求め、皆さんとのディスカッションが白熱しました。

パターンにはめ込む怖さ

2017年03月05日

 ある企業様の管理職研修にて、驚いたご意見がありました。

「これまで会社でいろんな研修を受けてきたけれども、教えてもらうパターンだけでは、現実に対処ができないと思う。」という受講生の方のご意見です。

マネジメントにしてもリーダーシップにしても、様々な理論があります。理論が教えるパターンをどれだけ記憶したところで、現実の世界においてズバリの正解を得ることは至難の業でしょう。

人を相手にする限りにおいて、何がベストであるのか、その答えは毎回異なり、マネジメントの仕事とは、正にそのベストを瞬時に判断し実践することにほかありません。

そのために、様々な理論を知り、実例を学び、洞察する。そして、ベストの解を生み出す力を身に着けることこそが、マネジメントに求められていることです。

例え、10,000パターンを記憶したところで、満足のいく解に出会うことは無いものの、それを生み出す力を身に着け、磨き続けるからこそ、自信を持ってマネジメントにあたることができるのです。