Home » ブログ » 日記 » 思考の質と量

思考の質と量

2016年01月30日

 あるお客様先での若手リーダーの方々への研修がスタートしました。

次世代経営幹部として期待される選抜メンバーの方々への、延べ8回に渡る研修。リーダーシップからマネジメントまでの様々なテーマに取り組んでいただくのですが、今回の研修のもう一つの狙いは、思考の質と量を上げていただくこと。

研修というと、どうしても受け身での知識付与のイメージがありますが、この研修では、とにもかくにも自ら考える、考える、考える。視点を変え、視座を変え、限られた時間の中で考え抜くことに取り組んでいただきます。

正解の見えないこの時代。とはいえ、情報だけは豊富であるため、検索でヒットした情報を整理することで解に到達したように感じがちですが、それは始まりに過ぎません。手に入れた情報から、いかに価値を見出していくのか。このプロセスこそが、これからのリーダーに問われるもの。そのためには、 思考のレベルを上げることが必須です。

合宿で2日間考え抜いていただいた皆さんの感想は、もちろん“もう、ヘトヘトです。”に尽きました。