Home » ブログ » 2016年01月

2016年01月の記事一覧

思考の質と量

2016年01月30日

 あるお客様先での若手リーダーの方々への研修がスタートしました。

次世代経営幹部として期待される選抜メンバーの方々への、延べ8回に渡る研修。リーダーシップからマネジメントまでの様々なテーマに取り組んでいただくのですが、今回の研修のもう一つの狙いは、思考の質と量を上げていただくこと。

研修というと、どうしても受け身での知識付与のイメージがありますが、この研修では、とにもかくにも自ら考える、考える、考える。視点を変え、視座を変え、限られた時間の中で考え抜くことに取り組んでいただきます。

正解の見えないこの時代。とはいえ、情報だけは豊富であるため、検索でヒットした情報を整理することで解に到達したように感じがちですが、それは始まりに過ぎません。手に入れた情報から、いかに価値を見出していくのか。このプロセスこそが、これからのリーダーに問われるもの。そのためには、 思考のレベルを上げることが必須です。

合宿で2日間考え抜いていただいた皆さんの感想は、もちろん“もう、ヘトヘトです。”に尽きました。

非正規社員からの登用

2016年01月24日

 りそな総研様にて、女性リーダーセミナーをさせていただきました。

今回の受講生の方々の中で、印象的であったことが、いわゆるパートの立場から、正社員になり、リーダーとして活躍される女性の方々が少なくなかったことです。

もともと強いキャリア志向も無かったし、長く働くつもりもなかった。空いている時間を有効活用するつもりで、近所にパートに出たところ、仕事が面白くなってきた。周囲の人間関係にも恵まれ、興味に応じて教えていただくこと、任されることも増え、今はリーダーとして責任ある立場で日々仕事と生活の双方を満喫しているという方々です。

キャリア意識が、大きく変わっていくというのも、女性によく見られる傾向です。恵まれた外部環境が、内なる可能性を花開かせていくのです。女性活躍が、女性当事者だけではなく、周囲の環境、特に一番身近な上司の関わりによって変わると言われる所以です。

選抜リーダー研修にて

2016年01月17日

 昨年から担当させていただいております某社での選抜リーダー研修も、いよいよ佳境を迎えました。

こちらの研修では、将来の幹部候補育成のため、各事業部から選抜された精鋭の方々と、喧々諤々、議論を進めさせていただいております。すでに知識も経験も豊富な方々ですから、新たに知識をインプットするよりも、むしろ、その思いを実現いただけるよう、アウトプットに力点を置いて進めさせていただいております。そのため、毎回かなりボリューム感のある課題をお願いしています。お忙しい業務の中では、その負担感も半端ないものであろうことが推測されますが、それでも毎回、力作が披露されます。

昨日も皆さんのプレゼンテーションや議論をお伺いしながら、改めて研修開始時との違いに感銘を受けておりました。研修のスタートから半年。わずか半年間の間でも、機会が提供されることで、ここまでの進化がもたらされる。特に同じレベル感の方々の相互啓発の力というものを、まざまざと感じました。

いよいよ来月が最終回。どんなゴールが待っているか、今から楽しみです。

三日坊主

2016年01月10日

 新しい年が始まり、早3週目に突入しようとしています。

新年に立てた誓いも、そろそろ継続が難しくなってくる頃。三日坊主 とは、よく言ったもので、最初の勢いも3日もすれば、つい、”今日くらいは、いいか。”と手を抜きたくなるものです。

この山をなんとか越え、新たな習慣として身に着けるには、どうすればよいのか。俗に習慣化するには、21日の継続が必要と言われます。実に三日坊主の7倍。しかし、逆を返せば、1か月にも満たない期間です。

何はともあれ、新たに心したことは、あと1週間は継続してみる。その時には、無意識で実践している新しい自分に出会えるかもしれません。

2016年 明けましておめでとうございます

2016年01月04日

 2016年がスタートしました。今日は1月4日。3が日が終わり、さっそく仕事始めの方も多くおいでではないでしょうか。

新しい年の始まりは、気持も一新し、高揚感が高まるものです。今年は、大吉のおみくじをひきあてたこともあって、どんな1年が待っているか、いつもに増して期待が膨らんでおります。

昨年の 振り返りをもとに、さっそく今年の目標を書き出してみようと試みましたが、やりたいこと、やれたらいいなと思うことが尽きません。そして同時にやらなくては、いけないことも。

目標とは、自らを導き、一歩を踏み出させてくれるもの。単に頭の中で想定しているだけではなく、実際に書き記す作業を持って言語化することで、具体的なイメージを伴い、行動化へのスイッチが入ります。

義務感よりむしろ使命感を持って、これらの目標に取り組みたいと思っております。

どうぞ本年もご指導、ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。