Home » ブログ » 2014年04月

2014年04月の記事一覧

終わりは、始まり

2014年04月26日

 年初から関わらせていただいていた、あるメーカーさんでのプロジェクトの成果発表がありました。

経営陣に対して、提言をしていただいたのですが、業務と並行しながらのここまでの道程は、容易なものではなく、途中にはどうなるものかと思うことも正直ありました。それだけに無事に提言出来た喜びは、格別でした。

とはいえ、提言の真価はその実行にあります。どれだけ準備しても発生してしまう予想外の事態をマネジメントし、いかにゴールにたどりつくのか。単なる画餅に終わらせないための本気が試されます。

”これが、終わりではなく、キックオフです!”参加者自らが口にしてくださった言葉は決意の表れ。意志あるところに道は開ける。終わりが本当の始まりです。

オーストラリアに学ぶ女性活躍

2014年04月20日

 オーストラリア総領事のキャサリン・テイラーさんとお話させていただきました。https://twitter.com/austradejapan

オーストラリアでは、キャサリンさんはもちろんのこと、先日来日されていたビショップ外相、まだ27代のギラード首相も女性であり、企業組織はもちろんのこと、国の要職においても女性が活躍されています。

その姿はワークもライフも見事に統合しながらの自然体の活躍であり、まさに我々がモデルにしたいもの。 女性活躍先進国と比較し、不足を嘆くのではなく、むしろ、それが実現できることからの可能性を学びたいものです。

シングリッシュに学ぶ

2014年04月12日

 シンガポールに出張しておりました。ここ10年ほどのシンガポールの成長の勢いは、改めて語るまでもないところ。アジアのビジネス拠点としての地位は、最早、揺るぎないところです。

現地で仕事をするたびに感じるのが、我々日本人が苦手とする英語についてです。シングリッシュといわれる、シンガポールの方々の英語。発音から言い回しまで独特のものがあります。特にイギリス英語や米語に慣れておられる方々には、耳に馴染むまである程度の時間が必要なようです。

そこで必然的に、内容への質問や、リフレーズの要求が出るわけですが、これが日本人にとっては苦手なところ。自分の発言の後に、質問やリフレーズを求められると、「やはり自分の英語は通じないのか・・・」ばかりに、勢いを無くし、声さえ小さくなってしまいます。 一方、シンガポールの方々はもちろん、グローバルに仕事をされる方々は、臆することなく対応します。

コミュニケーションは、双方向で成り立つもの。質問が出るのは、相手の方がこちらに興味を示している証拠です。むしろ、話せるチャンスと受けとめ、思いを伝えたいものです。

新入社員を迎えて

2014年04月05日

 4月に入り、オフィス街では一目で新入社員とわかる方々をお見かけする機会もすっかり増えました。

毎年恒例の日本生産性本部様による新入社員のネーミングは、”自動ブレーキ型”。高感度センサーを身につけ、事故を未然に回避する特徴からの命名です。実際に各社の人事ご担当の方々とお話をしていても、彼らがそつなく物事をこなすという様子をお伺いします。

事故、ミス、トラブル、失敗。もちろんこれらは、無いに限ります。それでも万が一、起こってしまった際にどう向き合うのか。社会人としての真価が問われる局面です。

社会人において無駄になる経験は、何一つとしてありません。これから積み重ねる一つ一つの経験から、回避と対応の双方を学び取っていただきたいものです。