Home » ブログ » 2013年11月

2013年11月の記事一覧

マネジメントスクールにて

2013年11月30日

 大阪府工業協会様主催の“経営幹部のためのマネジメントスクール”にて、リーダーシップを担当させていただいております。

このマネジメントスクールが開講したのは、7月のこと。マネジメントに必要な知識を40回以上にもわたって学んでいただくロングランのクラスです。これだけ長期間にわたっての取り組みだけに、受講生の間にもしっかりとネットワークが生まれています。

お互いに異なる企業様からの派遣にも関わらず、コミュニケーションは抜群。お互いの発言にはしっかり耳を傾ける一方、伝えるべきことは、気兼ねなく発言されておられます。

他社の方々と肩を並べて学ぶ機会は、限られております。それもスポットではなく継続的にとなるとまさに稀有の機会。マネジメントスクールでお伝えする内容もさることながら、この他者との“交流試合”の中から、多くの成果をお持ち帰りいただきたいものです。

幹部候補のリーダーシップ

2013年11月23日

 各社の人材育成ご担当者の方々と、幹部候補のためのリーダーシップ育成について意見交換をさせていただきました。

将来の経営幹部、ひいては、経営者に期待されるリーダーシップは、ますますその要求が高度化しています。世界の潮流を見ると、20代からの早期育成が主流であり、かつ育成を経営者自身が優先課題としてとらえ、相当の時間を割いています。

リーダーシップの開発において、もちろん研修やセミナーから学べる部分も決して少なくはありません。しかしながら泥臭い話ではありますが、“経験”による部分が実は、外せません。

“これまで、あいにく経験の機会がなかった。”ではなく、経験は意図して得ていくもの。それを仕掛けとして組織内に有することが、必須と考えます。

女性管理者・リーダーとして

2013年11月16日

 みずほ総研様にて、女性管理者・リーダーの方々のためのリーダーシップセミナーを開催させていただきました。

このセミナーの特徴は、これからリーダーを目指す方々というよりも、すでに各方面にてご活躍の女性リーダーの方々が対象であることです。

社内で”唯一”、もしくは、“少数派”の立場の方々だけに、日々のご苦労は計り知れないものがあります。

セミナーという場を通して、他社の同じ立場の方々と意見交換をし、ネットワークを築いていただきましたが、スピード感のあるやり取りの中にも、随所に他者への配慮が見られ、改めて女性の方々の底力を感じさせていただきました。

オーストラリアにおけるグローバル人材育成

2013年11月10日

 グローバル人材育成への関わりの中で、常に感じておりますのは、異文化マネジメントがあまりにも軽視されていることです。

日本というほぼ単一民族・単一文化の環境にあるとどうしても文化をマネジメントするという観点は抜けがちになりますが、ビジネスにおいてこれは致命的です。さらに異文化マネジメントの難しいところは、座学だけではなかなか、マネジメントにおける“肌感覚”や“瞬発力”を身につけられないことです。

今般、西日本シティ銀行さんがオーストラリアでグローバル人材育成プログラムを実施されるというニュースが飛び込んできました。http://www.austrade.gov.au/Local-Sites/Japan/News/NCB-GHC

ホームステイでの現地に根を下ろしつつ、語学・ビジネススキルを身につける。まさに、実効性の期待できるプログラムです。

総合職と一般職

2013年11月10日

 女性活躍推進の波の中、企業にとってのテーマの一つは“一般職”の位置づけです。

イメージ的には、どうしても総合職を補完する職種といったものがあるようですが、それはすでに過去のこと。実際現場で一般職の方の働きを拝見していると、今やその仕事内容は、総合職の方々となんら遜色がないといったケースも少なくありません。管理職になること、また国内外への転勤という選択肢には限定があるものの、組織へのロイヤリティーや、幅広い対応力と柔軟性等、正規社員である一般職ならではの存在意義がそこにあります。

改めて組織における一般職社員の位置づけを見直すとともに、ご本人にも働き方を再認識していただく。働き方の多様化がもたらす価値を改めて感じます。

周囲を巻き込むために

2013年11月02日

 ある商社様で女性社員の方々に一泊二日での研修を実施させていただきました。研修のテーマは”いかに周囲を巻き込んで仕事を進めるのか。”

この研修につきましては、日経新聞様にも記事をご掲載いただいたものであり、ご参加の方々も上司の方々から”最強になって帰ってきて!”と送りだされてこられた意欲のある方々でした。

キャリアも豊富な女性社員の方々は、組織の要。後輩の指導育成はもちろんのこと、同僚を支え、上司の片腕となりご活躍をされておられる。その方々が更にこの先を目指す際に、まず大切なことは、今以上に周囲に対して働き掛けること。“レバレッジ”を活かした仕事を進めるためには、どうすればよいのか。

単なるスキルだけではなく、根幹となる考え方から皆さんとじっくり取り組ませていただいた貴重な2日間でした。