Home » ブログ » 2011年10月

2011年10月の記事一覧

実践あるのみ!

2011年10月29日

 ある企業様で、プレゼンテーション研修をさせていただきました。

こちらでは、毎年1月に業務活動の発表会があり、本番に向けて参加者の皆様がプレゼンテーションのスキルを磨いていかれます。何しろ、会社トップの前でのプレゼンテーション。活動期間も長いものだけに、皆さんのプレゼンテーションへの意気込みはただものではなく、研修においても本気度合が違います。

こちらがお付き合いさせていただけるのは、わずか1日に過ぎません。とはいえ、1日での皆さんのプレゼンテーションの進化の度合いには、ただただ感心するばかり。

プレゼンテーション3要件の要である、personality。その力を改めて痛感です。

皆様、本番の大成功、確信しております!

後継経営者として

2011年10月23日

 大阪府工業協会様主催の”2011年度 次世代経営者 必須知識修得講座 第2回”を担当させていただきました。

この講座は、次世代を担う後継経営者の方々と計8回にわたり、経営者としての在り方を追求していくものです。2回目の講座は、リーダーシップがテーマでした。

受講生の方々の中には、2代目から3代目まで様々な後継経営者の方々がお出ででしたが、すでに実績のある経営母体を引き継ぎ発展させていくことは、ある意味ゼロからのスタート以上に厳しいものがあります。

引き継ぐべきものは、さらに発展させていく。その一方で変革すべきものは、恐れずに着手する。このバランスが求められるわけですから。

とはいえ、今回、何より印象的であったことは、出席者の方々の非常に前向きな、かつ、現状を楽しんでいるという姿勢。社員にとって、何より頼もしいものであることでしょう。

平成塾にて

2011年10月15日

 福井県の中小企業大学で開講されている“平成塾”でファシリテーションのクラスを担当させていただきました。

この平成塾は、地元福井のリーダー育成を目的に開講されたものであり、福井のこれからを担う若手経営者やマネジメント層の方々が地元の各企業から集います。

メガネ生産日本一で知られる福井県ですが、ほかにも、日本一社長を輩出している県であったり、女性の共働き率が日本一であったりと、日本を代表する地域の一つといっても過言ではない土地です。

今回の平成塾にも、多彩な企業から多彩な面々がお集まりくださいました。日本一・世界一を標榜しつつも、地元を愛し地元に根付き、地元への貢献を何より大切にする。皆様の県民性に打たれた一日でした。

日本経済新聞電子版 10月10日

2011年10月10日

明日は、三連休明けの出社日。

連休でリフレッシュした後は、また職場の苦手な方々との日常が再開します。

本日の日経新聞電子版で

「職場の困ったさん対処法」についてお話させていただいております。

http://www.nikkei.com/life/living/article/g=96958A9C93819499E2E6E2E28A8DE2E6E3E2E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;p=9694E3E1E2EBE0E2E3E3E6E0E6E4?n_cid=DSTPCS004

会員限定のコンテンツになりますが、ご参照いただければ幸いです。

OJTへの取り組み

2011年10月09日

 この1週間は、OJT担当者の方々への仕事が続きました。

ここ数年、特にゆとり世代の方々を社会に迎えるようになって、ますますOJTの重要性が見直される傾向が見られます。この見直しの背景には、多様化する若手に対し、集合教育では、どうしても限界があること。更には、学生から社会人というスイッチの切り替えのソフトランディングな手法としての効果が認められることがあるようです。

OJT担当者にしてみれば、それでなくとも忙しい日常に新たな業務が付加される。しかも、その業務は、何よりの配慮を必要とするものですから、負担の大きさは否めません。

OJTを担当するということは、初心者マークのドライバーの隣に座って、1年間のドライブに出るようなもの。

途中、ドライバーが交通標識を見落としたり、疲れて音を上げたりすることがあっても、運転を変わることはできず、担当者は助手席からできる最大の支援を提供し続ける。途中で下車することはできません。

皆さんが、無事ゴールに到達されることを祈っております。

ボスマネと新社会人

2011年10月01日

 ある地方公共団体様で、今年採用された皆さんに”ボスマネジメント”の研修をさせていただきました。

4月に社会人の扉を開いて、そろそろ半年。現状に慣れ始めるころは、同時に今まで見えなかったものが明らかになってくる頃。上司に対する不平や不満が出始める頃でもあります。この時期に上司との関係構築を見直すのは、ある意味ベストのタイミングと言えましょう。

組織で働く以上、上司との関係は切っても切れません。社会人スタートのこの時期から、自発的に上司に働きかける”ボスマネジメント”の視点を育んでいただくことが、これからの仕事にプラスになることに間違いはありません。