Home » ブログ » 2010年10月

2010年10月の記事一覧

ワンランク上を目指して

2010年10月31日

 2月からスタートした長期の研修がひと段落しました。

“ワンランクアップの仕事を目指して”がテーマであった、この研修。研修と並行して、現場で上司を巻き込んで業務改善をはかっていただくものでしたので、受講生の方々のご苦労は並大抵ではなかったと思います。

最終回では、これまでの成果を発表していただきましたが、その内容が圧巻。何しろ、ベスト1の発表を投票で選出しようとしても、選出できないくらい甲乙つけがたい出来。研修のスタート時を振り返って、皆さんのポテンシャルが開花されたことに、ただただ感動していました。

この研修が終わってしまうことを一番寂しく思っていたのは、私に違いありません。

__.jpg

まずは意識することから

2010年10月23日

 ある企業様で、これからリーダーとしてご活躍される皆様への、リーダー研修をさせていただきました。

こちらの企業にお邪魔して、毎回関心するのは、皆さんの対人能力の高さです。

受講生の方々はもちろんのこと、建物内のどこで、どなたとすれ違っても、必ず気持ちよく挨拶してくださったり、エレベーターで乗り降りを譲ってくださったり、ドアを開けてくださったり。

ホスピタリティの高さで定評の高い企業様ですが、それが外向きのポーズではなく、常日頃から徹底され、習慣化されておられることがよくわかります。

習慣化の第一歩は、まず意識すること。意識してやってみないことには、いつまでたっても習慣にはなりません。例えはじめは、形からでもまずやってみる。その先には、変容し成長していく自分があります。

リーダーの皆さん、今回意識されたこと、是非実践なさってくださいね!

女性リーダーのための問題解決

2010年10月18日

 みずほ総研様で、「女性リーダーのための問題解決スキルアップ」セミナーを開催させていただきました。

出席者の方々は、各社からおいでになった女性リーダーの方々。初対面にも関わらず、セミナー開始早々から、打ち解けてお話が進むご様子を拝見し、改めて女性の方々のコミュニケーション能力の高さ、人間関係構築力の高さというものを感じ入りました。

今日の研修では、研修中はもちろん、更に、研修終了後にも感激することがありました。

受講生の方々がわざわざ会場に残って、研修内容を振り返ってまとめておられるのです!

この努力が報われないわけはありません。これからの皆様のご活躍、心より祈っております。

沖縄にお邪魔して

2010年10月17日

 沖縄銀行様の労働組合で講演をさせていただきました。

沖縄にお邪魔するのは、初めてでしたので、企画の段階からテンションが上がりっぱなしでした。更に、事前のお打ち合わせから、前日の詰めと、お話すればするほど、組合三役の皆さんの組合活動に対する思いや、組合員の方へのご期待が半端でないことが鮮明に伝わってきて、改めて講演させていただく有難さをかみ締めておりました。

団体交渉に代表されるような労働組合のイメージが薄まり、労組の変質が語られておりますが、従業員のモチベーション維持やワークライフバランスの実現、グローバル時代に通用するリーダーの育成等の我々にとっての喫緊の課題を考えると、これらは、まさに労組がその実現に大きく貢献できる分野に他ありません。

これからの組合活動においての好機が到来していると感じております。

okinawa_.jpg

キャリアShuka 今期も好調です

2010年10月11日

 毎期好調のシティライフNew様主催の“キャリアShuka”プログラム。

今期は、プログラム内容も更にパワーアップされ、人前で上手く話すことをテーマにベーシックコースが開催されています。

毎度毎度、受講生の方々には繰り返し練習をしていただくのですが、その際に密かに私が楽しみにしているのは、皆さんのお話の中身。ピラティスの話から、腹式呼吸の話、宝塚歌劇の話から、カラオケの勧めなど、得意分野についてのお話が非常に面白い!

やはり、本人の“伝えたい誠意”あってのプレゼンテーションだと納得させられます。

部下の意識と行動を変える!

2010年10月10日

 自然総研様で、部下指導に付いてのセミナーをさせていただきました。

このセミナーのサブタイトルがスゴイ。“部下の意識と行動を変える!”です。

一体どうやって、部下の意識と行動を変えるのか?多様化時代と言われ、性別・年齢・価値観から国籍まで多様化した部下。

彼らを変えるような指導とは、どうすれば良いのか?この研修では、スキル練習に次ぐ練習。とにかく身体で覚えていただこうと、繰りかえし繰り返し練習を続けていただきました。

終了1時間前になって受講生のお一人から、“もう休憩無しですか?”という質問が。。。

1時間に1回の休憩では足らないくらい、大変だったんですよね。最後まで本当にお疲れ様でした。このご苦労が花開かないわけはありませんよね。

管理職になるということ

2010年10月06日

 最近の若者の特徴で挙げられていることの一つが、管理職志向の減少。

目の前で苦労している管理職、管理職で奮闘していたのにリストラされた父親。周辺のマイナスイメージから、管理職=苦労が増えるという姿が形成されてしまっているようです。

実際に管理職になると言うのは、自分の人生にとってどんな意味があるのか?そもそも管理職とは何なのか?

その原点を見つめる、しかも“女性管理職”について考えるセミナーをさせていただきました。

研修終了時の受講生の方の晴れやかな表情を拝見した時、またここから、素敵な女性管理職が生まれていくんだなという嬉しい予感がありました。

勝負は2回目から

2010年10月03日

 吹田市男女共同参画センター様でのキャリア講座の受講生の方々が立ち上げられた、女性キャリアの会“ハッピーキャリアの会”の2回目の会合にお邪魔しました。

実は、研修受講後に集まりを立ち上げられる方々は、少なくはありません。しかしながら、その活動が創造的なものとなるか、飲み会の延長で終わるか、休眠状態になるか、その鍵は2回目の集まりにあるように感じます。

その点、この会はスゴイ。

会のコンセプトを決定するという一番大切で一番厄介な課題に正面から取り組んで、喧々諤々の話し合い。時間切れのディスカッションは、場と手段を変えて継続されるとのこと。

これからが楽しみな集まりに発展されることは、どうやら間違いなしのようです!

ご出席の皆様、お疲れ様でした。

女性のためのキャリアデザイン

2010年10月02日

 ある企業様で、女性のためのキャリアデザインセミナーを開催させていただきました。

この企業様のお取り組みが素晴らしいところは、セミナーの企画から当日運営に至るまで、“女性に活躍してもらいたい!そのためには、できる限りの支援をしたい!”という事務局の方々の本気が溢れていることです。

セミナー当日までにも、何度お打ち合わせを重ねてきたことか!それだけに当日は、会場で事務局の方にお会いできただけで、実は胸が一杯になって泣けてきたほど。

2日間のセミナーの最後には、頑張る女性を後押ししようと上司の方々も参加くださいました。

女性活用がどれだけ叫ばれても、女性特有の問題があることは事実です。何しろ、歴史的に日本においては、男性中心の社会が構築されてきたのですから。

しかしながら、男性の意識はもちろん、周辺環境が変化してきていることも事実。この追い風に乗る秘訣はただ一つ、いかに周囲を巻き込んでいくか。自分の思い・考えの発信と、支援してくださる方々の思い・考えを受けとめ、巻き込みの輪を広げてください。