Home » ブログ » 2010年06月

2010年06月の記事一覧

女性のためのキャリア塾

2010年06月27日

 吹田市立男女共同参画センターデュオ様主催の「輝く女性に学ぶキャリア塾」が始まりました。

この講座は毎回、各方面で活躍される女性の方々が登場、いかにして今日の姿があるかを語っていただくものです。

自分がこれから、どうしたいのか。キャリアを考える上でロールモデル=お手本の存在は非常に大切ですが、なかなか巡り会えないのが現実。実際に巡り会えても、一番知りたい“どうやって、今日の姿があるのか?”を知りえることは難しいものです。

この講座では、まさにそれがテーマ。各分野でご活躍の女性の方々が、ご自分のキャリアについてお話してくださいます。

1回目の講座から、参加者の皆さんのお話は尽きず。皆さんのお話がいつまでも続いていました。

静岡にて

2010年06月20日

 それぞれ別案件ですが、金曜・土曜と静岡で講演をさせていただきました。

いずれも偶然にも労働組合の方々を対象とさせていただいておりましたが、当方の講演の後には、組合員間のディスカッションや懇親会、運動会まで企画されておられました。

いつの頃からか「組合離れ」というお話を耳にするようになりました。

しかしながら、その一方で、今回の皆様方のように、若手の方々中心に組合活動を通して、自己啓発の機会や、他部署の方々はもちろん、同業他社の方々との交流機会を設けておられる姿を拝見しますと、とても頼もしいものを感じます。

これこそ、歓迎される労働組合の変質の姿ではないかと改めて感じた次第です。

グローバル人材確保のために

2010年06月13日

 みずほ総研様にて「グローバル人材確保・育成戦略策定と実行の具体策」についてセミナーをさせていただきました。

企業の生き残りのため、グローバル人材確保は各社共通の課題でありながら、その実態は一部のグローバル企業を除いて、まだまだ手探りというのが各社の現状です。

急速なIT化により、地図上の国境が意味を持たなくなった今、我々の目の前にある市場は唯一、グローバル市場のみ。ここに集う人々は、世界統一のグローバル人事制度のもと育成、マネージされていく必要があります。各国ごとの違いがあっては、ならないのです。

先日も偶然テレビ番組で、ユニクロさんのグローバル化への取り組みが放映されていました。”民族大移動”の今年のテーマのもと、全社員が海外要員というお話でした。まさにグローバル化、待ったなしというところです。

その後の新入社員さん

2010年06月10日

 ある企業の新入社員の皆さんとほぼ2ヶ月ぶりにお目に掛かりました。

前回は、まだまだ緊張感でいっぱいという印象でしたが、2ヶ月ぶりにあう皆さんは、大きく変貌を遂げられていました。

もはや、学生の顔はどこにもなく、プレゼンテーション等を拝見していると、頼もしい思いで一杯になりました。

いよいよ部署への配属ですね。これまでの期間、学んできたことを忌憚なく発揮してください。まずは、自分がしっかりと自信を持つこと。皆さんのご活躍をお祈りしております。

グローバル人材とは?

2010年06月05日

 あるメーカー様で、グローバル人材育成セミナーをさせていただきました。

グローバル人材とは、一体どういった人材なのか?そのためには、何にどう取り組めばいいのか、じっくり考えていただく参加型のプログラムです。

グローバル人材にもとめられるセンス・マインド・スキル。中でもスキルの強化は、英語力はじめ、比較的取り組みやすいものです。

かたや問題が、センスやマインドといわれるもの。これこそ、一朝一夕で身につくものではありませんし、体系的な手法も明確ではありません。しかしながら、日本に居ながらにしても十分、磨いていくことができるものです。

日本人としてのアイデンティティを大切にしながらも、グローバルを意識した視点をもつ。まずは、ここからスタートです。

受講生の皆さん、研修本当にお疲れ様でした。約束どおり今朝は、世界のニュースを確認されましたか?フォロー研修でより“グローバル化”された皆さんに、お会いすることを楽しみにしております。