Home » ブログ » 2010年05月

2010年05月の記事一覧

二本松青年会議所の皆さん

2010年05月27日

とっても気持ちの良い仕事をさせていただきました。福島県の二本松青年会議所様での講演です。

空港にお迎えに来ていただいたときから、講演中のサポート、懇親会、果ては最後のお見送りまで、どこをどうとっても、完璧なまでのお心配り。お世話になるどなたからも、真のホスピタリティというものを体感させていただきました。

これは、一体どこからくるものなのか?皆さんとお話していて、その理由に思いあたりました。

地域振興のために手弁当で頑張っている、地域を活性化したい、活性化するんだ。子供たちの夢を実現するためにラオスに出かけた等々。常日頃から、皆さんの考えと行動に全くブレがないからでしょう。

果たして自分は、言動一致ができているのか、改めて自戒する機会をいただきました。皆さんに恥ずかしくない自分で、是非もう一度一緒にお仕事させていただきたいと思います。

実践と振り返り

2010年05月23日

 ある食品関連の企業様で、数ヶ月に渡って、行動変革のための取り組みをお手伝いさせていただいております。

毎回、感心するのが、お邪魔するたびに必ずいただく質問。研修内容を、即実践されて、そこで感じる疑問について質問をいただくことが多いのですが、それが全て前向きであること。

学んだことを実践する。そこで、新たな問題に出あう。そこで投げ出すのではなく、どうすれば、この問題を乗り越えられるか、改善されるかという視点からの質問ばかりなのです。

学びを成長に変えるのは、実践と振り返りです。皆さんの質問は、更なる成長へのステップの証です。今日も一日、お疲れ様でした。

部下・後輩指導

2010年05月20日

 4月入社の新入社員。最近は、新人研修が長期化する傾向にありますが、早い企業様では、そろそろ現場への配属が始まっています。

それに応えるように、この時期は、受け入れ側の研修=部下・後輩への指導・育成についての研修が増えて参ります。

昨日も、ある保険会社様で、部下・後輩指導研修をさせていただきました。

部下・後輩指導にあたって、必ずお願いしているのが、“相手を認めること。”

ほめるというと、つい大仰になりますし、謙遜を美とする日本文化の中で、我々は決してほめられなれていません。“認める”と考えるほうが、まだとっつきやすいかもしれません。

それでも、他者の良いところに注目し、それを言葉にして相手に伝えることには、ついつい苦手意識や照れが先立ってしまいがちです。“言わなくても判るだろう。”そんな気持ちになりがちです。

とはいえ、メール文化で育ってきた新入社員世代には、“行間を読む”は、通用しません。短くてシンプルな言葉で十分です。口に出して伝えなくては、相手に届かないのです。

負から正への転換

2010年05月16日

 不満や悩み、クレームといったいわゆる“負”のメッセージを伝えられたとき、どうこれに向き合って、相手にとっての前向きである“正”のメッセーに変えることができるのか?この難題に、ある企業グループの労働組合の方々と取り組みました。

実践中心に半日間、様々な角度から研修に取り組んでいただきました。

即、活用できるコミュニケーションのテクニックは、幾つもあります。しかしながら、皆さんの実践演習を拝見していて、一番感じたことは、ベースにある相手に寄せる信頼関係。まずは、これだということです。

いかなるテクニックも信頼関係というベースがなければ、機能しません。まずは、向き合う相手との関係を見直すところが第一歩です。

スートーリーテリング

2010年05月09日

 グローバルリーダーに必須の力として注目されているストーリーテリング。この第一人者であるJ.グリンダー博士が来日されましたので、セッションに参加してきました。

ストーリーテリングとは、いわば物語を語る力。情報や理屈だけでは、人を動かすことはできない。人を動かすには、相手の心に働きかけること=記憶に残る物語を語る力が求められているわけです。実際に、GEや3Mといったトップレベルのグローバル企業では、リーダーへの研修にも、採用されています。

振り返ってみれば、子供の時に心を動かした物語は、未だに諳んじて語ることができます。これをビジネスに活かさない手はありません。

経営者のためのプレゼンテーションセミナー

2010年05月02日

 キャリア朱夏様主催にて“経営者のためのプレゼンテーションセミナー”を実施させていただきました。

お天気に恵まれたGWの真っ只中にも関わらず、お集まりくださった方々。さすがに、学ぶ意欲と心意気が違います。実践中心の3時間セミナーではありましたが、回を重ねるごとに、変化の様子がありありと見て取れました。

立場が上になり、経験を重ねると、まず、他者から意見をいただく機会が激減する上、せっかくのご意見も受け付けない“裸の王様”が多いものです。しかしながら、他者であるからこそ、見えるものがあることも事実。

今回の受講生の方々は、初対面同士にも関わらず、他者からのフィードバックを真摯に受けとめ、ご自身のプレゼンテーションに即反映していかれたことが、非常に印象的でした。

この姿勢こそが、伸びる方々の強みというものでしょう。