Home » ブログ » 2008年12月

2008年12月の記事一覧

08年 どうも有り難うございました

2008年12月30日

 間もなく、2008年も幕を閉じようとしております。

この1年間、当ブログにお付き合い頂きまして、どうも有り難うございました。日々人材開発の現場で起こっていることを、研修という切り口からお伝えできればと重ねてきましたブログです。

本年は特に米国のサブプライムローン問題以降、市況が一転。恒例の年末のご挨拶においても、どなたの口からも、“これまで経験したことがない不況”、“出口の見えないトンネル”、“悪化の一途”と言った悲観的な言葉ばかりが飛び交っていました。

この世界規模の警鐘を真摯に受け止めつつも、今だからこそ出来ることに目を転じ、来る2009年前進の術を見出していかねばならないのでしょう。

どうぞ、皆様良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願い致します。

海外研修生研修

2008年12月21日

 ある企業様で、海外支社に実務研修に出られる方々の研修をさせていただきました。

厳しい選考を潜り抜け、選ばれた方々はいずれも、能力と人間性と、そして熱意に溢れておられ、ご一緒させていただいているだけで、こちらが逆にエネルギーを頂戴致しました。

留学や出張とは異なり、実際に、海外で現地の方を上司や同僚として実務につき、収益を上げていくことは、並大抵のことではありません。明確なゴールを持つこと。そして何より、自己概念=自分は何者であるのかを、きちんと理解しておく必要があります。

今回の受講生の方々は、きっちりとその準備ができておられました。皆様のご活躍を心からお祈りしております。

モチベーション マネジメント

2008年12月14日

 財団法人大阪市女性協会様の実施による「勤続3年以上の女性のセルフマネジメント講座」が始まりました。

 この講座は、勤続3年程度を過ぎ、なんとなく仕事にマンネリ化を覚え始めた方々を対象としたもので、3回にわたってモチベーションを自分でマネジメントすることについてお伝えしています。

モチベーションに関する理論は、諸説ありますが、何より自分だけの理論=モチベーション持論を持つ重要性が語られています。

とは言え、いざ自分で言葉にしようとすると、なかなか思い浮かばないものかもしれません。我々は、なんとなく経験でカバーできることは、つい無意識にすませてしまいがちですが、意識して自分なりに言語化してみる。モチベーションの維持・向上には欠かせないことです。

女性社員活用プログラム

2008年12月07日

 京都能率協会様の主催で、女性社員活用セミナーを実施させていただきました。

ご参加くださった方々の半数以上が女性という、嬉しい誤算のあるセミナーでした。まだ20代でいらっしゃいながら自ら企業を経営し、女性社員の方々を活用されておられるという女性の方から、経験豊富な女性役員の方まで、多彩な女性陣と男性受講者の間で、積極的な意見交換が見られました。

セミナー終了後に男性出席者のお一人が、「女性の上司の方でさえ、こんなにご苦労されておられるのですから、男性の自分が努力しないのは、おかしいですよね。」と感想を伝えてくださいました。

部下の力を最大限に活かしたいと思う上司の気持ちと、そのために努力を惜しまない心がけ。これは、性別不問の上司のあり方に間違いありません。