Home » ブログ

マイクロラーニングの実践

2020年01月13日

 すっかり定着した感のある、eラーニングですが、その学び方も更に進化してきています。

それがマイクロラーニング。1分から、5分程度。長くても10分くらいのマイクロな学習コンテンツをスマホやPCで視聴しての学びです。隙間時間や移動時間も無駄なく活用し、しかも集中力が途切れることがないタームで学ぶことができます。

このマイクロラーニングと、教室でのリアルなディスカッションを融合させた新スタイルでのプログラムが、いよいよスタートします。

三菱UFJセミナーでスタートする女性のためのマネジメント講座。

http://hrd.murc.jp/seminar/squet/tokyo/20t902

学びの効果が大いに期待できる新講座です。

新年 明けましておめでとうございます。

2020年01月07日

 2020年が幕を開けました。

遅ればせながら、弊社も今日がお仕事始めです。

オリンピックイヤーで盛り上がりを見せる2020年ですが、この1年がどんな年になるのか。昨年からの働き方改革の波は、ますます激しくなりそうですし、何より、職場に次々と導入されていくAIが仕事をどう変えていくのか。

改めて、自分の仕事に対する姿勢が問われる1年になりそうな気が致します。

弊社も起業の原点である“誰もが価値を持っている”に立ち返り、自社の価値がなんであるのか、社会にお届けできる価値はなんであるのか。ここからスタートしていきたいと思っております。

どうぞ今年もよろしくお願い申し上げます。

今年もお世話になりました

2019年12月27日

 今年もいよいよあとわずか。弊社も令和元年の仕事を納めさせていただきました。

今年は、新たなチャレンジの機会に恵まれた一年となりましたが、なんとか無事終えることができましたのも、ひとえに皆様方の暖かいご支援とご指導のお陰です。改めて御礼申し上げます。

来年、2020年はオリンピックイヤー。弊社も、アスリートに倣い果敢な挑戦を続け、高みを目指したいと思っております。

どうぞ来年も引き続きよろしくお願い申し上げます。

良いお年をお迎えくださいませ。

交渉における第一印象

2019年12月22日

 交渉というとどうも勝敗のイメージがつきものですが、ビジネスにおける交渉では、Win-Winスタイルを忘れるわけにはいきません。

双方が主張しつつも相手に協力し、結果として、双方に満足感が残る交渉。人間関係も問題解決も手に入れようというものです。

そのためには、忘れてはならないのが、どのような第一印象を交渉相手に持っていただくかということ。

どうも交渉を有利に運ぶためには、それこそトランプ大統領のような威圧的なイメージが必要であると考えがちですが、実はプロの交渉人はその逆。一見して、相手に好印象を与えるいわば、”できそうだけれども、普通の人のように見える”と言うイメージです。

最初から高圧的で、前面に自己主張を押し出してくる相手に対して、胸襟を開く人は有りません。交渉において相手側の情報を得ることは、何より大切。となりますと、つい心を許したくなる印象がいかに大切か。納得のいくところです。

4Pから7Pへ

2019年12月15日

 三菱UFJリサーチ&コンサルティング様にて、マーケティングの入門セミナーを開催いただきました。

激変するビジネス環境の中、これまで重宝されてきた理論では通用しなくなってきている分野が多くありますが、マーケティングはその最たるものだと感じています。

マーケティングといえば、その道の神様と言われるコトラー氏のフレームワーク4Pが王道ですが、このフレームワークさえ、今や7Pにまで進化しています。

だからといって、伝統的なマーケティングを捨て去るものではなく、 スタートは伝統的マーケティング。その後の関係性の発展には進化するデジタルマーケティングの発想が不可欠と考えるべきでしょう。

その意味においては、これからも可能性がますます拡大する面白い分野と言えるかもしれません。

ベテランと言われて

2019年12月07日

 SMBCC 大阪様にて、入社15年以上の女性の方々に向けてのセミナーを開催いただきました。

毎回、ご好評いただくこのセミナーですが、入社して15年以上という立場において、初めてセミナーを受講されるという方々が少なくありません。

これまでは、そのような機会さえ無かったというのです。

能力発揮においては、自己認知が必須です。自分には、リーダーシップが発揮できるという認知があるからこそ、その能力が発揮されます。機会が無ければ、自分の能力に気づくことさえできないのです。

今回、学びの機会を得た皆様のイキイキとしたご様子。これからは、自ら動いて学んでいきたいという決意。 つい同義語かしてしまう”できない”と”やったことがない”は、明らかに違います。やればできることは、たくさんある。しかし、機会が無ければ、できないまま、その力は開花しないのです。

まずは、機会。そして一度の失敗は、次の成功に変えるセカンドチャンス。能力発揮には必須です。

答えは、あなたの中にある

2019年12月01日

「答えは、あなたの中にある」これは、キャリア開発における核となるものです。

これからのキャリアをどうデザインしたいのか。我々のキャリアは嫌が応でも、外部環境の影響を受けます。この外部環境は、自由にコントロールすることもできなければ、正確に予測することさえできない。昨今の度重なる天災しかり、外圧による法改正しかり。

予測できない、コントロールできない、無視できない。まさに3無し状態です。

その環境下でいかに、キャリアを考えるのか。いつ何時でも、確かなことは常に、“自分がどうしたいか。どうするか。” これだけは、自分に問いかけることで明白化することができるのです。

3無し状態がますます混迷を極める中、キャリア研修の需要が増える一方ですが、改めて自己と向き合いたいものです。

M&Aに想う

2019年11月24日

 今や、企業成長と生き残りの手段の一つとして、一般化したM&A。

先日も対等合併を終えられた企業様にて、研修をさせていただきました。
同業種の合併ケースでしたが、正直なところ、研修室に入っただけで、両社の違いがくっきりと表れていることに改めて驚きを感じました。

我々は違いを目にしたときに、まずはそれを排除、無視しようとします。その次に訪れるステップは、なんとか、違いに順応するために、それを矮小化しようとしてしまいます。

違いは、無視するものでも、見ないようにするものでもありません。

正面から向き合い、お互いの違いの上に、新たなる価値観を構築することが本来の向き合い方です。

この企業様も、きっと次回訪問させていただくときには、そのステージにいらっしゃることと期待しています。

一般職という働き方

2019年11月16日

 お客様先で、一般職の方に向けての研修を実施させていただきました。

一般職制度を廃止し、総合職に一本化する企業が増えていますが、その一方で、一般職の採用を増やしたり、一般職の中に多様性を持たせる企業もあります。

こちらのケースは、一般職の中に多様性を持たせているパターン。同じ一般職でも、希望に応じて仕事の質に差があり、評価によって待遇も開きがあります。

今回のご対象の方々は、その一般職の中でも最高グレードの方々。一般職という働き方に誇りを持ち、成長意欲に満ち溢れるご様子に、改めて職制のあり方を感考えさせていただきました。

期待の表明

2019年11月10日

 今週は大阪で、みずほ総研様の女性リーダーセミナーがありました。

リーダーになられたばかりの方、また、今後リーダーとしてご活躍が期待されておられる方々へ向けたセミナーです。

今回のセミナーを受講くださった方々の多くは、上司から受講を進められたというお話でした。そして、その大部分の方は、「なぜ、勧められたのかわからない。今後、リーダーになってほしいと思っておられるのか。」と口にされておられていたことが、とても印象に残っています。

忙しい業務の中、時間もお金もかけて受講してくださるのですから、もちろん、そこには、上司の方の強いご意向がお有りなのでしょう。上司の方々も、わざわざコミュニケーションするまでもなく、本人への期待が伝わっていると感じておられたのかもしれません。

しかしながら実際は、驚くほどに、伝わっていないもの。特に、キャリアの選択肢や働き方が多様化する中においては、キャリアに対する考えは外部環境の影響を受け、日々変わると言っても過言ではないくらいです。そのような環境の中、上司部下の関係においても、上司は部下の”今”と“この先”のキャリアに対する考えを理解し、自身の期待をはっきりと伝える。一方、部下も”今”と“この先”のキャリアについての自身の考えを明確に伝えることが大切です。

「上司からの期待を感じる」だけで、管理職志向が上がるというデータもあります。

お互いがしっかりと言葉で期待を伝え、語り合いたいものです。